iTunesカードがあればクレジットカード不要!

iTunesカードがあればクレジットカード不要!

iTunesカードがあればクレジットカード不要! iTunesカードはiPhone内でのアイテムの購入に使用できます。
iTunesストアでの音楽のダウンロードやスマートフォンゲーム内でのアイテム購入など、幅広い場面での使用が可能です。
音楽やアイテムの購入方法はiTunesカードでの決済のほか、クレジットカード決済と各携帯会社のキャリア決済があります。
中には未成年者やクレジットカードを持っていない方もいるため、そういった方にはiTunesカードでの決済が便利です。
iTunesカードは家電量販店やコンビニで販売されており、誰でも手軽に購入することができます。
カードには1500円、3000円、5000円、10000円の4種類があり、自分がチャージしたい金額のカードを選んでレジに持っていきます。
1500円のカードなら1500円支払いをして完了です。
カードの購入の際には名前や住所などを入力する必要もなく、余計な手続きがないというのも大きなメリットです。

iTunesカードがあればクレジットカード不要!

iTunesカードがあればクレジットカード不要! iTunes Storeをはじめとする、Appleが運営している各種オンラインストアでは、さまざまな決済方法がありますが、その中でも、キャリア決済は、毎月の携帯電話の支払いと、有料コンテンツ購入時の支払いを一本化して決済でき、クレジットカード払いや、口座振替など、携帯電話の支払いで設定した方法で、決済が行われる便利な方法ですが、その一方で、一本化されるが故のデメリットもあります。
ひとつは、今回の例では、携帯電話代と、コンテンツの購入代金を、まとめた金額が請求されるため、内訳を知るためには、明細書を確認するなど、煩雑な作業が必要になるところです。
有料のコンテンツの購入に関しては、必ずiTunesカードで決済を行うことを徹底すれば、2種類の請求を混同することを避けられます。
もうひとつは、使い過ぎの問題です。
キャリア決済の設定をした状態で、クレジットカードの限度額や、預金口座が切迫していた場合、ついつい有料コンテンツを購入し過ぎて、月末の資金繰りに追われることも少なくありませんが、iTunesカード決済に一本化すれば、あらかじめチャージした金額しか利用できないため、クレジットカードの限度額を圧迫することなく、使いすぎを避けることができます。